レインボーセッティングを通して多様性の時代を応援するユリス・ナルダン

ユリス・ナルダンは、ジュネーブ・ウォッチ・デイズに合わせ、シリシウム素材が虹色に輝く色彩からインスピレーションを得た「レディ ダイバー」39mm と「ブラスト トゥールビヨン」45mmにふたつの新作を追加した。

シリシウムのパイオニアであるユリス・ナルダンは、2001年に時計メーカーとしては初めてシリシウム製脱進機を搭載した時計を発表し、現代の時計製造とともに「フリーク」を誕生させた。それ以来、ユリス・ナルダンはブラスト トゥールビヨンのキャリバーUN-172 やレディダイバーのキャリバーUN-816 など、いくつかのムーブメントにシリシウムを搭載している。
この画期的な素材からインスピレーションを受け、ベゼルにパープル、グリーン、ブルー、ピンクのジェムストーンを配した、太陽の光を受けて虹のように輝くモデルを発表した。陽気や喜びを連想させるこのマルチカラー・トレンドは、若々しく楽しいスタイルを約束する。

ブラスト トゥールビヨン レインボー

ブラスト=爆風。スケルトンの「X」をモチーフにした文字板の複雑で幾何学的なフォルムと、12 時位置に配置したプラチナ製マイクロローターが、この堂々とした45 mmケースに、爆発的なエネルギーを吹き込んでいるようだ。ベゼルとインデックスには、50 個のルビーとサファイアのバゲットストーンをあしらい、セクシーでパワフルな印象を与えている。
自動巻き(cal.172)。25石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約72時間。ブラックDLC Ti(直径45mm)。ベゼルにレインボーカ
ラーの38 個ジェムストーン (計3,65cts)。ルビー(レッド), サファイア (オレンジ, イエロー, グリーン, ブルー, ヴァイオレット, ピンク)。50m防水。世界限定50本。1079万1000円(税込み)。
50 m防水で自動巻きフライングトゥールビヨンを搭載したこのモデルは、ブラックセラミックのポリッシュ&サンドブラスト仕上げのアッパーケースで密封し、ブラックDLCチタンケースに収めたシリシウム・テクノロジーによるキャリバーUN-17 が駆動する。防水ベルベットラバーストラップまたはブラックアリゲーターストラップに、ブラックDLCチタンとブラックセラミックのセルフデプロイメントバックルが付属する。

自動巻き(cal.UN-816)。19石。2万8800振動/時。SS(直径39mm)。300m防水。世界限定各300本。162万8000円(税込み)。
新しい「レディダイバー レインボー」のブラック/ホワイトモデルは、2019 年発表のレディダイバーの次世代モデルで、人目を引くまばゆい装飾が施こされた。40 個の宝石(ルビー、アクアマリン、トパーズ、ツァボライト/グリーンガーネット、サファイア)を逆回転防止ベゼルにセットした。インデックスに使用した11 個のダイヤモンドは、ダイバーズウォッチにエレガントなタッチを添え、時計の輝きをさらに増している。若々しくスポーティな39 mmのレディダイバー レインボーは、男性モデル顔負けの300 m防水で、世界の海を美しく優雅に、そして高い機能性で進むためにデザインされた実用的なタイムピースといえる。シリシウム・テクノロジーを採用した自動巻きムーブメントUN-816 は、ダイバーズウォッチの心臓部として、時、分、秒、日付を表示。「レディダイバー レインボー」のホワイトとブラックは、それぞれのカラーのラバーストラップが付いた各300 本限定モデルだ。

ブラスト トゥールビヨン レインボーブラスト トゥールビヨン レインボーレディ ダイバー レインボーレディ ダイバー レインボーレディ ダイバー レインボーレディ ダイバー レインボー

シリシウム革命
 2000 年代初頭から、シリシウムは時計製造に最も有望な素材となった。アンスラサイトに青みがかったメタリックな輝きを放つシリシウムは、非磁性、軽量、弾性に富み、素材そのものが変形することがないという優れた特性を持っている。また、耐腐食性、耐久性に優れ、時間が経っても変質することがない。また、二酸化ケイ素の層が部品を硬化させ安定させるため、潤滑油を必要とせず、熱の変化にも鈍感である。そのため、ユリス・ナルダンでは、ヒゲゼンマイを含む時計の調速脱進機の製造のほとんどにシリシウムを使用している。

 ユリス・ナルダンの関連会社で、スイスのシオンに拠点を置くシガテック社は、シリシウム製のマイクロメカニカル・コンポーネントを専門とし、ミクロン単位の精度でカスタムメイドの部品などを製造している。シガテックが使用するシリシウムは、シリコン結晶のインゴットから切り出された直径約15 センチ、厚さわずか10 分の1 ミリの円盤状のウエハーで、ブランドコピー製錬会社で合成されたものだ。https://www.buyma.com/

このウエハーを目的の部品に加工するために、シガテックの持つ技術の「DRIE」という特殊な工程が必要となる。DRIE(Deep Reactive Ion Etching-深堀反応性イオンエッチング)プロセスは、写真と3Dエッチングを組み合わせた革新的なハイブリッド技術だ。ユリス・ナルダンは、わずか10 年で、時計製造におけるポールポジションを獲得したといえよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。