これからの季節の相棒にダイバーズウォッチを【OMEGA&LONGINES】

本日はこれからの季節にオススメのダイバーズウォッチをご紹介いたします。

https://www.supakopitokei.com/omega_copy145.html

OMEGA オメガ シーマスター ダイバー300M マスタークロノメーター 007エディション 210.90.42.20.01.001

「ウルトラマン」や「スヌーピー」など、これまで数多くの作品とのコラボレーションしてきたオメガですが、「オメガのコラボレーションモデル」と聞き、多くの方が想像するのは「007」シリーズではないでしょうか。

1995年に公開された「007 ゴールデンアイ(Golden Eye)」以降、主人公であるジェームズ・ボンドのパートナーとして長年寄り添う「007 ジェームズ・ボンド」シリーズは、オメガのコラボレーションモデルの中でも根強い人気を誇ります。

「Ref.210.90.42.20.01.001」は、2021年10月公開 ダニエル・クレイグ最後のボンド作品「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」にて着用された腕時計とまったく同じ装いのスペシャルモデルです。

「シーマスター ダイバー300M ブラック Ref.210.30.42.20.01.001」をベースに、ケースとブレスレットをチタン製に、ドーム型のサファイヤクリスタルを備え、ヴィンテージ感を演出するベージュ色の夜光を採用しています。

また、6時位置にはイギリス官有品を表す「ブロードアロー」のマークがプリントされており、コラボレーションモデルに相応しい装いです。

参考記事:https://www.kame-kichi.com/brands/OMEGA

内箱として「007」ロゴが入ったウォッチケースが付属し、付属品も他モデルにない特別仕様となっています。

続きましてロンジンから「レジェンド ダイバーL3.774.1.50.2」をご紹介します。

LONGINES ロンジン レジェンド ダイバー L3.774.1.50.2

1960年代、ロンジンはケースメーカーであるエルヴィン・ピケレとともに防水ケースを開発し、コンプレッサーケースを備えた本格的なダイバーズウォッチをリリースしました。

このダイバーズウォッチの復刻モデルとして発表された「レジェンド ダイバー 」シリーズは、ロンジンの中でも高い人気を誇るコレクションです。

ステンレス素材のモデルが多い中、「Ref. L3.774.1.50.2」はチタン製ケースバックを備えたブロンズケースを採用。
グラデーション調のグリーン文字盤を組み合わせることで、レトロかつラグジュアリーな雰囲気を醸しだします。

ムーブメントには「Cal,L888」を搭載し、従来のムーブメントと比べ、パワーリザーブが約64時間と大幅に伸びました。

パワーリザーブだけでなく、高い視認性を誇るスーパールミノバ夜光表示に300メートルの防水性能など、実用性に富んだ、ロンジンらしいダイバーズウォッチとしてオススメです。

OMEGA シーマスター プラネットオーシャン 600M

ここまでの水圧に晒されることはなかなかないものの、プロの作業現場にも耐えうる防水性は日常生活やマリンスポーツにおいても大きな安心感を与えます。

3時位置に日付表示窓、12・6・9時位置にアラビア数字が用いられた文字盤の中央にはうっすらと「ZrO2」の文字。こちらは文字盤とベゼルに採用されたセラミック素材を表しており、独特の光沢が高級感を高めると共に耐傷性もアップしています。

時針と分針にはアロー型を採用し、クラシカルな印象を与えながらも、外観10時位置に備えられたヘリウムエスケープバルブ、文字盤2か所と秒針先端に施されたオレンジ色が共に良いアクセントとなっています。

特筆すべきはオメガの自社ムーブメントであるキャリバー8800。
2014年にスイス連邦計量・認定局(METAS)と共同で新たに定めた検査規格であるマスタークロノメーターの認定を受けているこちらのムーブメントは、1万5000ガウスという驚異的な磁場環境においてもクロノメーター級の精度を誇るというもの。
時計にとって磁気は大敵であり、スマートフォンやPC、カバンの留め具など様々な磁気に晒されている現代社会において、パワーリザーブ55時間とクロノメーター級の精度を誇りながら、病院のMRIクラスの磁場である1万5000ガウスに耐えられるということは大きな魅力のひとつです。

比較的大きなサイズとなりやすいダイバーズウォッチにおいて、ケース径39.5mm、ケース厚14.5mmというサイズ感はスーツスタイルにおいても袖口に収まりやすく、600mの防水性と、美しいムーブメントを眺められる裏スケルトンを採用しながらもこのサイズ感に抑えられているのは流石のオメガの技術力と言えます。

スピードマスターの「ムーンウォッチ」コレクションに加わる、18Kイエローゴールド合金のモデル

スウォッチ グループ ジャパンは、「オメガ」の新作として、「スピードマスター ムーンウォッチ ムーンシャインゴールド」を発表した。手巻きの機械式の腕時計で、価格は335万5,000円~465万3,000円。

スピードマスターの「ムーンウォッチ」コレクションに加わる、18Kイエローゴールド合金のモデル。ケース径は42mm。月面で着用された第4世代のスピードマスターがデザインのベースで、カラーバリエーションはグリーンのダイヤル、もしくはゴールドのダイヤルの2種類が用意される。メタルブレスレットのほか、グリーンダイヤルにはレザーストラップが、ゴールドダイヤルにはラバーストラップがラインナップされる。

ダークグリーンのダイヤルはPVD仕上げで、ベゼルリングはグリーンのセラミック製。ゴールドのダイヤルはムーンシャインゴールドで、ベゼルリングはブラックのセラミック製。メタルブレスレットのモデルはブレスレットのブランドコピー素材もムーンシャインゴールドになる。

ムーンシャインゴールドと名付けられたオメガ独自の18Kゴールドは2019年に開発されたもの。従来の18Kイエローゴールドよりも淡い色味で、ダークブルーの空に輝く月の光を表現したという。ゴールドが75%以上、シルバーが14.5%、銅が9%未満、パラジウムが1%以上で、経年変化による退色に強いという特徴も併せ持っている。

ムーブメントは機械式で手巻きの「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー3861」。振動数は21,600振動/時、パワーリザーブは50時間、石数は26石。特徴として、15,000ガウスの耐磁性能、シリコン製ヒゲゼンマイ、オメガ フリースプラングテンプ、コーアクシャル脱進機、耐衝撃システムのニヴァショックなどを装備する。スイス連邦計量・認定局(METAS)認定テストの合格を証明するマスター クロノメーター認定書が付属する。

ケース、リューズ、ブレスレット、裏蓋は18Kムーンシャインゴールド製。風防は傷防止加工と片面反射防止コーティングが施されたボックス型サファイアクリスタル。裏蓋はサファイアクリスタルのシースルーバック。防水性能は5気圧防水。大きさはケース径が約42mm、厚さが13.18mm。

ブランドコピー品サイト情報